Category: Nobody’s Songs

「レクイエム」

窓を濡らす通り雨
ただぼんやりと眺めてる
君が消えたあの日も
冷たい雨が降ってた

いつものように背中をすぼめて
帰って来ると思っていたんだ
喧嘩の名残もそのままに君は
僕を残してひとり星になった

 

君のいない日常に
慣れる事なんて出来ない
探し物が見つからず
不意に名前を呼んでる

君が僕と過ごした時間より
僕は沢山生きてゆくだろう
生き続ける意味と愛する意味と
君を消し去る意味が解る日まで

 

僕でよかったのかな?
幸せだったのかな?
愛は足りていたのかな?
君を忘れていいのかな?
もう二度とひとりでは
出せない答えを・・・Wow wow

 

今にもあのドアを開けて君が
帰って来るような気がしてる

君が僕と過ごした時間より
僕は沢山生きてゆくだろう
喧嘩の名残もそのままに君は
僕を残してひとり星になった