Category: Nobody’s Songs

Blue Bird

夜の風が今日の終わり告げてる25時
行き場のない虚ろな目で 佇み黙ってた

ビルの上の四角い空いつまでも見上げてた
口にするとまた一つ嘘が零れるから

君は独りビルの片隅で
壁にもたれ振るえていた

いつか・・・
抱きしめた悔しさを翼にして
心羽ばたかせて飛んで行ける
涙が涸れるまで泣いたらいい
眩しい朝が来たら
総ては総ては総ては変わる

煌びやかなイミテーション虚構の街角が
素直すぎる君の笑顔いつしか曇らせた

君の胸に描きかけで眠る
夢を今夜訊かせてくれ

きっと・・・
自分の可能性を信じる事
ただそれだけでいい両手拡げ
消えそうな勇気を振り絞って
一歩踏み出せたら
何かが何かが何かが変わる

君の胸に描きかけで眠る
夢を今夜訊かせてくれ

きっと・・・
自分の可能性を信じる事
ただそれだけでいい両手拡げ
涙が涸れるまで泣いたらいい
眩しい朝が来たら
総ては総ては総ては変わる